医療法人公和会 小野病院

お問い合わせ
0952-24-3371

脊椎外来
Spine outpatient

横須賀公章

横須賀公章先生が、関節が痛い.comで紹介されました。https://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc350.php

椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア注入)

椎間板内に酵素を含んだ薬剤を直接注入して、ヘルニアによる神経の圧迫を弱める方法です。 当院では、この椎間板内酵素注入療法にヘルニコアという薬剤を使用します。
※佐賀県内での数少ない実施医療機関の1つです。

椎間板ヘルニア

ヘルニア

●全身麻酔ではなく局所麻酔で行い、切開することなく、注射のみの治療となるため、傷が残らず身体的負担が小さいです。
●神経への圧迫が改善し、痛みやしびれが軽減されると考えられます。
●椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)は健康保険が適用されます。
一泊二日で治療が終了します。

硬膜外腔癒着剥離術

特殊なカテーテル(細いワイヤー上の管)と、数種類の薬液を用いて、神経と周囲組織の癒着(組織がくっつくこと)を剥がし、神経の炎症を抑え、痛みを改善します。
脊椎等の手術後では、神経が入っている空間で、何らかの原因によって神経が圧迫され、神経に炎症がおこることによって痛みやしびれが生じます。

医師

適応症例としては、
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
手術後神経癒着症候群
脊椎退行性疾患
手術治療を望まれない場合
があります。

ページトップへ戻る